根岸眼科クリニックは台東区根岸の眼科です。

根岸眼科クリニックは台東区根岸の眼科です

診療内容 / 手術

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは、加齢に伴いまぶたの皮膚がたるんで垂れ下がってきたり(眼瞼皮膚弛緩症)、加齢やコンタクトレンズ長期装用が原因でまぶたをあげる筋肉が弱ったり、はずれたりしてまぶたが開きにくくなる状態(眼瞼下垂症)をいいます。眼瞼下垂になると上方が見にくくなり視野が狭くなります。手術によってまぶたの余分な皮膚を切除したり、まぶたをあげる筋肉の働きを強めたりすることによってもと通り上方が見えるようになります。また最近眼瞼下垂が肩こり、頭痛の原因のひとつであり、手術をすることによって解消されるとの報道もありました。詳しいメカニズムはまだわかっていませんが、手術を行った後、肩こりなどが解消する方もいることは事実です。当院ではにCO2レーザーを用いて眼瞼下垂手術を行っています。従来のメスを用いる手術と比較して術後の腫れや皮下出血が少ないのが利点です。 当院では健康保険による、あくまでもまぶたをあげることを目的とした手術を行っています。美容目的の手術ではありませんので、年齢等を考慮し美容的に対処したほうがよいと判断した場合には手術をお断りすることがあります。

眼瞼下垂手術

麦粒腫・霰粒腫手術

ページTOP

麦粒腫まぶたが赤い、痛い、腫れている、さわるとしこりがあるなどの症状は、麦粒腫・霰粒腫であることが多いです。麦粒腫は睫毛の毛根にある皮脂腺の化膿性炎症で、霰粒腫はまぶたの内部にある脂肪腺に分泌物が貯留し腫れる病気です。両者とも炎症が強いうちは点眼・内服で治療し、麦粒腫は膿が貯まっていれば切開排膿し、霰粒腫は炎症が収まった後もしこりが残る場合は摘出します。

網膜レーザー治療

ページTOP

アルゴンレーザー網膜に穴が開き放置しておくと網膜剥離をおこすことのある網膜裂孔、網膜に出血をきたし、黄斑部に浮腫を起こしたり、眼圧があがるタイプの網膜静脈血栓症、前増殖糖尿病性網膜症などは、進行すると手術が必要となる重篤な疾患です。しかし早期にレーザー治療を行うことにより手術に至らない、あるいは進行を遅らせることができるケースがあります。当院ではこのような症例に対し外来でレーザー治療を行っています。診断の上、手術が必要と判断した場合は専門施設にご紹介いたします。

涙点プラグ

ページTOP

何らかの原因で涙の分泌量が不足して眼の表面が乾き、眼に様々な症状が起こることをドライアイといいます。 長時間パソコンの画面を見ていることにより、まばたきの回数が減り涙の蒸発が増えて眼の乾きを訴える人が近年増えてきました。症状が軽度な場合は点眼治療で軽快しますが、重症の場合涙の流れていく出口(涙点)に栓(涙点プラグ)をして十分な涙が目に溜まるようにすることにより治る場合があります。挿入したプラグははずすことも可能であり、外来で5分くらいで施行できるので、適応があれば涙点プラグ挿入をしております。

涙点プラグ